市場について | 不動産投資セミナーで賢く上手に知識を身につけよう

市場について

不動産価格はますます上がります

不動産市場がかなり盛り上がってきています。新築マンションは売り出せばすぐに完売という状況が続いており、また、中古マンションも引きずられるように値上がりしています。実需の不動産だけでなく、収益物件も同様に値上がりをしてきており、都市部の中古ワンルームマンションは2割から3割上昇し、1500万円前後まで上がってきました。しかも、築浅の中古ワンルームマンションはほとんど見かけない状況となっています。不動産市場の盛り上がりはしばらく続くものと考えられます。その理由はデフレーションからの脱却とインフレーションへの突入です。つまり、物価上昇が期待されてきており、その影響を受けやすい不動産に資金が向かっているのです。

上場不動産投資信託で代用しよう

中古ワンルームマンション等の収益物件で不動産投資をしようと考えている人も増えてきており、すでに出遅れたと考えている人も少なからずいます。投資額が決して小さくはない収益物件ですから、少しの値上がりでも数十万円から数百万円にもなってしまいます。これがさらに投資家をためらわせてしまっています。しかし、収益物件の価格がいつピークになるかはなかなかわかりません。このような時には少しずつ購入し、取得価格を平準化していくことが重要です。収益物件そのものは投資額が大きいですが、上場不動産投資信託であれば、かなり投資額を抑えることができます。収益物件の価格が落ち着くまで上場不動産投資信託で代用するということも1つの考え方です。